レーザーを用いた妊娠線が消える方法を解説

No Comments

妊娠線が消える方法としてレーザー使用方法を用いるクリニックは、
国内ではとても多いです。

どんな方法なのか、安全性はどうなのかについて
調べてみました。

〇レーザー使用の妊娠線が消える方法の仕組み

レーザーを使った治療法は、国内の美容クリニックのどこでも
たいてい行われていますよ。

レーザー使用で妊娠線が消える方法の仕組みは、単純なもので
肌に強い光を当ててダメージを与え、そのダメージを回復する力を
利用したうえで妊娠線を治し、綺麗な素肌にする、という方法です。

妊娠線が出来たばかりのものならば、レーザー照射1回でも
効果を感じることが出来るのですが、時間が経ってしまったものは、
何度も行わないといけません。

肌の治癒能力を用いて、裂けてしまった妊娠線の肉割れ部分を
再度くっつけて綺麗にする、というものです。

様々な施術があるのですが、自然治癒力を使った方が
綺麗な肌に戻すことが出来るんですね。

〇レーザー使用の妊娠線が消える方法の価格

やはり、価格はどのくらいかかるのか?という点は、
誰でも気になることと思います。

価格は、肉割れの深さによって異なってきます。

出来てしまった妊娠線の傷が深ければ、何度もレーザー照射を
しなければいけないので価格もアップしてしまいますし、
何度も通わなくてはいけない、ということになります。

通常、1部分1回照射で、1~4万円程かかってしまいます。

まだ出来て日が浅い妊娠線であれば、1回で効果があります。
しかし、妊娠線はお腹だけではなくて、太もも、胸、二の腕といった
いろいろなところに出来てしまいますので、複数照射したら、
価格もどんどん高くなります。

通常、クリニックでは20~30万円ほどで治してくれますので、
初めのカウンセリングで見積もりを出してもらってから
計画的に行うようにしましょう。

〇レーザー使用のメリット

妊娠線が消える方法で、レーザーを使うことのメリットは、
傷跡が出来ることなく、衛生面から見ても安心ということです。

わざと軽い火傷の状態にしますので、痛みがある時もありますが、
切ることはありませんので、衛生的です。

傷が出来るわけではないので、入浴なども出来ますので
助かりますね。

クリームを使用した妊娠線が消える方法は、どのくらい続ければ
効果を感じられるのかわからない、という不安がありますが、
レーザー使用の妊娠線が消える方法は、確かに傷が再生し、
治っていきますので、早く改善することが出来るんです。

レーザー以外にも、フランス式のガスを注入する方法、
というものもあります。

そして、針を使用した方法も外国では行われています。
国内よりも、外国の方が妊娠線治療には積極的なようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です